901

名古屋市民は名古屋が大好き

名古屋市民は地元大好きな人が多いです。進学でも親元を離れずに地元の良い大学、就職先にする人も多く、他県の有名企業よりも地元の名古屋大学、トヨタに就職したら自慢です。この為、自宅から学校や会社に通っている人が多いです。良く言えば、古くからの親戚付き合いを大切にしていますが、他県の人から見たら排他的な印象をもたれる事も少なくありません。

 

名古屋市民は外部の人を特にのけ者として扱っているわけではなく、身内がとても大切な気持ちが強いという事です。地元大好きの名古屋人なので、地元で有名な百貨店や喫茶店やお店をこよなく愛します。特に喫茶店文化はこの周辺で顕著にみられ、朝のモーニングを食べに休日の喫茶店は混みあっています。ただモーニングを食べにくるだけではなく、話す事が大好きな名古屋市民なので、常連さんと話し込むスタイルが喫茶店文化を発展した要因の一つです。

 
名古屋は東京、大阪に次いで大きな都市ですが、夜が早いとも言われています。地下鉄や電車は深夜0時近くまでありますが、終電までいる人は繁華街に多いです。それ以外の地域ではお店自体が早めに閉めるところが多く、夜22時頃になると、車文化の影響もありますが通行人も他の大都市に比べて少ないです。

 

 

名古屋市の名所を紹介してみます。

 

愛知県の県庁所在地であり、尾張徳川家の城下町として栄えた歴史がある名古屋市には多くの名所があります。関西と関東の中間にある地域で、独特な文化があることでも知られている都市です。

 

 

名古屋駅の駅ビルは超高層のツインタワーとなっているのが最大の特徴です。駅ビルの高さとしては世界一を誇ることで有名で、東海地方を代表する駅としても重要な役割を担っています。

 

 

市内の中心部にある名古屋城は、観光客に絶大な人気がある名所です。天守閣は戦災で焼失してしまったため戦後に復元されたものですが、加藤清正が陣頭指揮を行って作らせた壮大な石垣や堀が現存しています。最近は本丸御殿の復興事業が開始され、戦災以前の形を取り戻しつつあります。戦災を免れた櫓は国の重要文化財に指定されています。

 

名古屋城とならぶ名所として人気なのが、久屋大通の中心にある名古屋テレビ塔です。この塔は1954年に竣工したもので、現在は国の登録有形文化財に指定されています。夜には美しくライトアップされる名古屋テレビ塔は、市内のランドマークとして親しまれています。

 

名古屋城から歩いてすぐの場所にある市役所と愛知県庁の庁舎は、戦前に流行した帝冠様式という建築で、個性的なデザインが印象的です。引越し 名古屋市に住む予定のある方は一度は訪れて欲しい名所ですね。