名産の1つである味噌煮込みうどんとは?

味噌煮込みうどんとは、味噌をベースとした汁で煮込んだうどん料理のことを指します。鍋焼きうどんとも言いますが、味付けが味噌のものは総じて味噌煮込みうどんと呼ばれています。
愛知県の郷土料理とされていて、名古屋めしと呼ばれることもあります。
名古屋の味噌煮込みうどんに使用されている味噌は豆味噌といって他地域で生産される麦味噌や米味噌に比べて、煮込むなどの熱を通してもその風味が落ちにくいという特徴があり、また八丁味噌などの赤味噌を使って汁を作るのも名古屋ならではの特色です。


中に入っている具材として定番なのは月見卵、鶏肉、ネギ、椎茸などで、麺にはコシのあるきしめんを使用したり、手打ち麺を使用することが多いです。
これらを1人前の小さな土鍋で煮込み、熱い状態のまま食卓や店頭に出して、それやそのままいただきます。麺を食べ終わると、鍋に余った汁でご飯を煮込み、おじやとして食べる方法も有名です。

 
また名古屋圏では、味噌煮込みうどんと同時に白米を食べることも珍しくなく、一般家庭や店舗でもごく普通に食べられている現状があります。
名古屋めしとして有名になった味噌煮込みうどんは、インスタント食品としてカップ麺や個別包装された状態で全国に販売もされています。

 
名古屋市内には味噌煮込みうどん専門店も多数存在し、名古屋近郊にも店舗は広がり、人気グルメとなっているといえます