名古屋名物のあんかけスパゲッティのベースはトマト味

あんかけスパゲッティは、従来あったミートソースではなく、名古屋人好みのトマトソース味で仕上げたスパゲッティのことです。

 
1960年代に愛知県名古屋市で登場した料理で、野菜が使われていれば、カントリースパゲッティ、ソーセージが使われていれば、ミラネーゼまたはミラネーズ、魚介類が使われていれば、バイキングと呼んで区別しています。

 
また肉と野菜の両方が入っているものは、「ミラネーゼ」と「カントリー」の合成語で、「ミラカン」と呼ばれています。



あんかけスパゲッティに使われる具材は主に、ウインナーやタマネギ、ピーマンですが、他にも豚肉黄金焼のピカタや、エビフライなど、さまざまな具材をトッピングしているメニューや、カレーをあいがけしているものもあり、それぞれのお店で多種多様なバリエーションを楽しむことが出来ます。

 

名古屋に行くと、あんかけスパゲッティの専門店の姿を多数見かけることが出来ますが、喫茶店でも注文できるので、若者を中心に名古屋めしの一つとして、高い人気を誇っています。

 
焼きそばのような感触の、太いスパゲッティを油でいため、中華料理にあるようなとろっとした、辛みとコクのきいたソースが特徴のボリュームのある料理なので、女性よりも男性に好評の料理です。